のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

アルファ ロメオ ステルヴィオ 2.2ターボ ディーゼルQ4 2019 レビュー。

スポンサーリンク

f:id:Nob13:20190526200639j:image

期待が大きすぎると往々にしてガッカリするものである。

 

今回アルファロメオステルヴィオ ディーゼルに試乗する機会を得た。

そもそも速いSUVなど興味がないので(ましてディーゼル)何も期待していなかった。

期待していないというか、このクルマの事を何も知らない。

 

 

 

 

 

ドイツ勢メーカーはある程度拮抗しているし、グループ会社で共有のエンジンやプラットフォームも多い。そうしたとき、それぞれの乗り味はある程度想像できてしまうものだ。

そうした中アルファロメオの2.2ディーゼルエンジンは自分にとっては未体験エンジンだ。予備知識0で新しい車に乗り込むのは自分でもワクワクする。

 

スポーツディーゼルを歌うアルファロメオステルヴィオ

走りはどうか。
f:id:Nob13:20190526200631j:image

スペックは以下の通り。

 

アルファ・ロメオ・ステルヴィオ2.2ターボ ディーゼルQ4

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4690×1905×1680mm
ホイールベース:2820mm
車重:1820kg
駆動方式:4WD
エンジン:2.2リッター直4 DOHC 16バルブ ディーゼル ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:210ps(154kW)/3500rpm
最大トルク:470Nm(47.9kgm)/1750rpm
タイヤ:(前)235/60R18 103V/(後)235/60R18 103V(ブリヂストンデューラーH/P SPORT AS)
燃費:16.0km/リッター(WLTCモード
価格:617万円

 

全体的に曲面が多い造形のクルマ。

フロントはトヨタのCHRに、リアはマツダCX-5に似てる。

あまりかっこいいともかわいいとも思えない。
f:id:Nob13:20190526200652j:image

複数の操作をハンドル上で行える今どきのハンドル。

とても便利でこのクルマには合っているが、個人的には何もついていないシンプルなハンドルが好きだ。エンブレムは最高にかわいい。
f:id:Nob13:20190526200656j:image

インテリアはマセラティっぽい。

マセラティというか小型レヴァンテだ。

マセラティも近々小型SUVを出すそうだが、ステルヴィオがベースなのは間違いないだろう。
f:id:Nob13:20190526200646j:image

さて、ジロジロと中を眺めたので動かしてみる。

エンジンをかけると外音はディーゼルのガラガラ音で、車内は静か。アイドリング時はディーゼル特有の微振動があるが、BMWのX1 18dよりは振動はおとなしい。

 

走り出すと窓を閉めている限りディーゼル車に乗っている感じはない。(いまどきのディーゼル車はみんなそうだが)

 

動き出して思ったのがステアリングの反応がめちゃくちゃ良い。

遊びがほとんどなくて、ほんの少し左右に振っただけででクルマが即座に反応する。とてもクイックだ。

そしてクルマがすごく軽い、、、感じがする。

 

操作系は剛性感がないというか、アクセル、ブレーキのタッチがふにゃふにゃ。

普段乗っているアウディなどのドイツ車は割と重めで『グググっ』とブレーキ踏んでるぞ!という感じであるが、このステルヴィオは停止時にブレーキを踏むとまるで猫を踏んでいるかのようだ。

 

なのにきちんと停まるし反応も悪くない。

 

今までにない新手の乗り味だw

 

当然車内は静かで、通常の市街地走行をしていても何も問題ない。

それなので次はDNAモードのD、ダイナミックに入れて踏み込んでみる。

 

この電子制御も今はほとんどの車についていると思うが、このクルマも例に漏れず。Dに入れるとゴツゴツとショックが増える。

 

開けた直線にきたのでパドルを使用し低速から回してみる。

ググッと猫を…じゃなかった、アクセルを強く踏み込むと"軽い"エンジンサウンドを発しながら軽やかに進んで行く。パドルの変速スピードも速い。

そしてタッチの謎なブレーキを踏むと過不足なく減速する。いつも慣れている車に比べると、強くブレーキを踏むと簡単にロックしそうなタッチ感だ。(実際にはABSが効くのでロックはしないだろうが)

 

ホントに軽快。

ハンドル操作がクイックでアクセル、ブレーキはフニャフニャ。

なのに軽快な加速減速をするので車が軽い感じがする。乗っていて遅いと感じることもない。横風が吹けば車線変更してしまうのではないか?!っていうくらい軽さを感じる。

 

イタリアは峠道が多いと聞くが、こうした軽快なSUVであれば快適で楽しく過ごせるだろうなぁ。

期待していなかったけど想像以上によくて、びっくりなステルヴィオ ターボディーゼルQ4でした。


f:id:Nob13:20190526200635j:image