のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

ポルシェ 新型マカンS 2019 レビュー。

スポンサーリンク

f:id:Nob13:20190525224148j:image

5/25で35℃って今年の夏はどうなってしまうのだ?!

 

さてこんな暑い日、更にHOTな体験をさせてもらった。

出たばかりの新型マカンSの試乗である。スーツ姿の営業さん、みんな汗だくで頑張ってらっしゃる。

俺も昔はそんな時期があったがこの時期のスーツはホントに暑くて…。

お疲れ様です。

 

 

 

 

 

ポルシェも販売比率的にはマカンとカイエンで約70%を締めているそう。

そうなると、最近になってポルシェが入ってきた某国なんかは

『え!!ポルシェってスポーツカーも扱ってるんだ!!』

となるわけだわね。ポルシェがSUVメーカーと思われているとは。

 

いやはや、隔世の感がある。

 

 

もちろん俺は時代に絶賛取り残され中のため、ポルシェは屈指のスポーツカーメーカーでありSUVなぞ全く興味がなかった。(過去形)

しかし、実際これだけ売れるということはただミーハーが買うだけではなかろう。

スポーツカーメーカーのポルシェが作ったSUV、そのクオリティを確かめるには絶好の機会である。
f:id:Nob13:20190525224124j:image

さて本日試乗するマカンSのスペックは以下の通り。

カイエンに比べれば小型SUVかもしれないが横幅1923mm、全然小さくないからw

車内が狭いのは安全性のため壁が厚いのである。

 

ポルシェ・マカンS

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4696×1923×1624mm
ホイールベース:2807mm
車重:1865kg(DIN)
駆動方式:4WD
エンジン:3リッターV6 DOHC 24バルブ ツインターボ
トランスミッション:7段AT
最高出力:354ps(260kW)/5400-6400rpm
最大トルク:480Nm(49.0kgm)/1360-4800rpm
タイヤ:(前)265/40R21 101Y/(後)295/35R21 103Y(ピレリPゼロ)
燃費:8.9リッター/100km(約11.2km/リッター、欧州複合モード)

859万円

 

ん?

3リッターV6ターボで354馬力??

確か現行モデルのAudiのSQ5もエンジンは3リッターV6ターボで最高出力は354馬力だぞ?同じエンジンか?

きっとそうだな!

 

AudiのRS系5気筒ターボエンジンと、S3やワーゲンのゴルフRに使われる4気筒ターボエンジンは素晴らしいが、SQ5に搭載されるAudiの6気筒ターボの評価はあまりいいことをきかない。これは確かめるにはいい機会だ。
f:id:Nob13:20190525224145j:image

車内はナビが横に伸びて見やすく。
f:id:Nob13:20190525224133j:image

外から見ると車は大きいのだがドアが厚く、車内はそこまで広くない。

f:id:Nob13:20190526003515j:image
f:id:Nob13:20190525224120j:image

この荷室部分の写真だけ見るとAudiと区別がつかん。
f:id:Nob13:20190525224130j:image

さて動かしてみよう。

 

エンジンをかけると外に音は結構出ているが、車内は静粛性が高く中は静か。

 

アクセルブレーキ、そしてウィンカーレバーの操作一つ一つが重くドイツ車だというのを感じる。

特にウィンカーレバーなどは981ケイマン、ボクスターの頃の爪楊枝を折るような感覚に近い。

言葉で伝えるのは難しいが『カチっ』とウィンカーを出せるのではなく、マカンSは『パッキン』て感じ。

981は『ミチッ…』て感じだったが。

 

 

視界は広いが囲われ感がすごく強い。

座高は結構高いほうだが、ミーアキャットのように覗き込んで運転するような感じだ。なんていうのかな、ハンドルとフロントガラスの間の部分がオフロードカーのように高い。

それで少し見づらい。シートをいつもより高めに設定。(前に試乗した人が身長10メートル位あっただけかもしれないが…)

 

 

特に何事もなくスルスルと走る。

通常のエコモード的なドライブモードでも遠くのほうでエンジン音がするが、外部からの音は遮断されている。とても静かだが、今のご時勢このくらい静かなクルマは他にもたくさんある。遠くから聞こえてくるV6ターボのエンジン音は良くない。

 

PDKが大変素晴らしくシフトチェンジの速度が半端なく速い。

シフトチェンジ時に針がストンと落ちるのが見ていて楽しくて、前を見るのを忘れそうになるwここまでのクオリティになると『MTじゃなきゃ楽しくない』ってことはない。

 

大してギクシャクもせず低速走行もこなすので、次は開けた道でアクセルを踏み込んでみる。モードはやる気満々のスポーツ+だ。さて、ポルシェの、マカンSの、(AudiSQ5の)走りはどうか…。

 

 

 

上まで引っ張ってシフトチェンジと2~4速でやってみたが、あまり速くない。

そしてエンジン音も普通である。官能性は0。

0-100加速5秒台なので『遅い』ということはないが速くない。

 

普段はドライブモードで日常やお出かけには快適に使える。静粛性も充分でパワーも必要充分。これは間違いない。

しかし、週末にはスポーツモード以上に設定することでドライバーの右足を満足させるスポーツカーに変身…することは残念ながら出来ていない。

 

 

クルマに何を求めるか。

 

これは人それぞれである。

俺は速いSUVというものに懐疑的だ。

SUVは、そもそも速く走るために作られた車の形ではない。

それにパワーのあるエンジンを載せたところで、結局大して速くない中途半端なスポーツカー”テイスト”のSUVが出来上がる。

 

実際マカンSは乗っていても、運転していて楽しい!もっとハンドルを握っていたい!という感情は一度も抱けなかった。

 

乗って楽しいクルマが欲しいのであればポルシェには718も911もある。

絶対にそっちの方がいい。

 

 

マカンS。確かに高品質な車ではあるが俺には魅力的なクルマではなかった。


f:id:Nob13:20190525224140j:image