のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

マイホーム購入記② ~建築業界ってこういうものなの?~

スポンサーリンク

f:id:Nob13:20190417091306j:image

通じ合ってる、、、。

 

そういえば先日、土地の契約をする際に事前に現地確認した土地(車高の低い幅広のクルマが問題なく出入りできるか)の売主である不動産屋に購入意志を伝えるため電話。

そうすると会長が電話に出るがこれがぶっきらぼう極まりない。

年配者だからなのかどうかわからないが、タメ口の相当な上から目線での物言い。

 

ここと取引して大丈夫なのか?(いや絶対トラブルありそう、、、)

と思うような話しぶりだったので、不愉快だったし対応が悪く今後の取引に不安を覚えることと、気持ちよく取引したい旨を伝え今回は御社との取引は辞めようと思う、と電話を切った。

 

土地自体は金額も立地もまぁまぁで70点以上ではあったが、安くはない買い物なのでムカつく不動産屋と取引するのは御免。仕方ない。

 

 

 

と、思っていると先ほどの不動産屋から電話。

 

電話にでると、先ほどの件は申し訳なかったと会長からお詫びの電話。

『この道何十年のこういう世界でやってるから言葉が汚くて申し訳ない。ただ、そういうつもりで言ったんじゃないのと、その土地はもう押さえて誰にも売らないから悪いようには絶対にしないので、、、』

 

ということで一応誠意も感じられたし先日、家の依頼予定の工務店の社長とともに契約に行ってきたわけ。

f:id:Nob13:20190417192816j:image

こちらは工務店の社長と自分と相方と全部で3人。テーブルを挟んで対面には会長と事務女性。

 

自分の代弁をして工務店の社長が主に話をしてくれたんだけど、この言い方がぶっきらぼう極まりないww

 

『書類のここにこの条項にこうあるでしょう?これは〇〇までに解除できるの?

言ってる意味わかる??』

『できるよ。後になってああじゃない、こうじゃない言わないから』

『それじゃ今言った事、この備考欄に書いて。後で言った言わないになるとお客さんに迷惑になるから』

 

終始そんな感じ。

 

 

 

おいおい、そんな強い口調で大丈夫か??

と思って間で聞いていたけれど、その”ぶっきらぼう”な言い方にはお互い特に腹に立てたりする様子はなく、やりとりはどんどん進んでいった。

f:id:Nob13:20190417192841j:image

ぶっきらぼう同士では何も問題なく進んでいる、、、。

 

終わってから思ったのが建築業界は全員とは言わないまでも、こういう傾向があるのかな?ということと、自分達では気にもしないで署名したであろう事をどんどん突っ込んで聞いてくれたので工務店の社長には来て貰って本当に助かった。

 

やはり餅は餅屋だねぇ。