のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

ムシできない存在。

スポンサーリンク

f:id:Nob13:20190411201740j:image

最近いるのよ。

ここ何日か玄関のドアの外側に、バッタが一匹張り付いてる。

鍵穴の近くにいるから最初はギョギョっとしたけれど、ほとんど動かないし悪さしてるわけでもなさそうなので放置。

 

一度出かけて3時間後に戻ってきた。

まだいるんかいな??
f:id:Nob13:20190411201807j:image

いたw

しかも場所全くと言っていいほど動いてないし。(動いて定位置に戻ってきた可能性もなくはないが、、、)

 

バッタが扉に居ついて既に4日目。

 

最近気になるので朝起きるとドアを開けて安否確認に行っている。

なぜここにいるのかわからないけれど、

何日も何も食べてないのかな?

何か食べ物でもあげたほうがいいのかな?

寒くないかな?

と日に日に気になる存在になってきた。

 

さて今日はどうだろうか?大体鍵穴の辺りにいるのだが。
f:id:Nob13:20190411201811j:image

?!

いない。

 

足元や側壁にもいないので上を見てみると、、、
f:id:Nob13:20190411201757j:image

そっちにいったのかw

無事で何より。近くで見たら触覚のようなひげが一本ない。

まじまじと見続けていたら、触角が片方ないのではなく一本は後ろ向きになっていたようだ。
f:id:Nob13:20190411201816j:image

 特に昆虫好きでもバッタマニアでもないのだが、ふとしたことからこんなに気になる存在になるとは。

 

家にいれて虫かごで飼おうかとも思ったが、調べてみたら一年未満の短い命。

安全な虫かごの中で一生を遂げるか、リスキーな自然界で自由に生きるか、このバッタはどっちがよいのだろうか。

 

虫なんかで苦手なものは傍に置いておくと良い(自分が慣れるので)と聞いたことがある。慣れるどころか愛情がわいたよ。

 

昔、家に腹をすかせた猫が家に通ってきたこともあったが、対象が昆虫でも同じ気持ちになるのは自分でも驚き。

 

相手がどんな生き物でも愛情を忘れてはいかんだわね。

 

 

※調べてみたけど一番これに似てる。

f:id:Nob13:20190412144640j:image