のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

観光

草津温泉 きんだいペンション宿泊記。(再訪) 後編。

大盛況の草津湯畑周辺。 ペンションでお腹いっぱいご飯を食べた後、草津のメイン通りである湯畑周辺に出かけた。このきんだいペンション、湯畑から10分ほど離れている。食後の10分の散策を丁度良いと思うか、遠いと感じるかは人それぞれ。 個人的には問題な…

草津温泉 きんだいペンション宿泊記。(再訪) 前編。

二度目のきんだいペンション。 今年の夏は二か所しか行っていない。草津温泉か軽井沢のいずれかだ。一番の理由は以前のブログでも書いたが、『涼しい』からだ。 俺が普段生活しているグンマーは高温多湿のジャングルのようだ。ここから解放されて、少しでも…

ホテル軽井沢エレガンス宿泊記。

朝晩は涼しい。 チェックイン時に対応してくれたスタッフは、ものすごくユニークな方であった。 感性が豊かで相手の気持ちを明るくするような人だ。出逢って数秒でそんな雰囲気へ持っていくことが出来るのだから、ものすごい実力だ。 他のホテルスタッフから…

行先は二か所のみ。涼しい場所限定でお出かけする。

毎年暑さを更新している。 Go to キャンペーンが始まったにも関わらず、観光地や行楽地は賑わっていないという。体感では相当混んでいるように見えるが、例年に比べれば、、、という事なのだろうか。 それにしても連日あまりに暑すぎるため、外出する先が2か…

育った環境の影響は大きい。涼を求めて軽井沢へ。

生まれ育った環境の影響は大きい。 自分は雪国生まれである。 子どもの頃の地元は夏でも、最高気温20度台がほとんどであった。 今住んでいるグンマーは真夏は40度近い。極端に言うと2倍だ。 寒い分には平気なのだが、40度+高湿度だと気持ち悪くてイライラし…

草津温泉 お豆の小宿花いんげん 宿泊記。~後編~

楽しい旅行の2日目。 本来であれば今頃の時期には沖縄に行こうと思っていた。 昨年の沖縄旅行が楽しかったからだ。だがしかし、こんなにコロナウイルスが猛威を振るっていると、今行くのは違うのかなと思う。 だから近場で日帰りでも行けるような場所へ出か…

草津温泉 お豆の小宿花いんげん 宿泊記。~中編~

群馬県で一番好きな温泉街。 群馬県には四万温泉、伊香保温泉、水上温泉、猿ヶ京温泉、草津温泉、赤城温泉、、、とたくさんの温泉地がある。温泉好きとしてあちこち行ったが、一番好きなのは草津温泉だ。湯畑周辺も素敵だし、泉質も良い。そんな草津温泉に温…

草津温泉 お豆の小宿花いんげん 宿泊記。~前編~

泉質主義はホント。 違う温泉にも行ってみるものの、草津温泉の高濃度なお湯に比べるとタンパクに感じてしまう。勿論酸性泉であるが故、入浴後肌の弱い自分は翌日には皮がむけてしまう。 しかし、それもまぁ新陳代謝を促すってことで前向きにとらえて、楽し…

プレジデントリゾートホテル軽井沢 宿泊記。~後編~

自宅ではよく眠れないが、ホテルに来るとやっぱりよく眠れない。 疲れても疲れていなくても、なかなか眠れない病。 でも、やはり環境が変わるのは良い事だ。人生のスパイスにもなる。 相変わらず寝つきが悪いけれど、朝食付きのプランを選んだので朝食ビュッ…

プレジデントリゾートホテル軽井沢 宿泊記。~前編~

週末はお出かけ。 昨年は6月末に沖縄に行って来た。 新婚旅行も兼ねてだったが、連日天気にも恵まれ、何よりもコロナウイルスがまだなかった。すごく楽しい思い出として残っているので、今年も行こうと話していたのにそれが出来なくなってしまった。 代わり…

草津温泉佳乃やへ行って来た。~後編~

草津温泉佳乃やに宿泊に来た旅行の後編なのだ。 予約した佳乃やにチェックインし、旅館の温泉を堪能。体も温まったので、夜の草津温泉街を散策に出ていこうと思う。 観光地として整備されている草津温泉は、自宅からそれほど遠くなく、気軽に足を延ばせると…

草津温泉佳乃やへ行って来た。~前編~

今年の梅雨は本当に梅雨である。 その年によっては、ほとんど雨が降ることがない年もある梅雨。 今年はどうかと見てみれば、もう感動する位の連日雨、雨、雨、、、。 洗濯物も干せる日がないため、連日乾燥機を使って乾かしている。自宅に乾燥機を設置しても…

東京綾瀬の名店 味安。 ~東京観光③~

唐揚げは絶品!! 治安の悪さで有名な足立区。 そんなことは知らずに東京に引っ越してきた俺は仕事の都合で、足立区綾瀬にやってきた。音楽をやるために上京したわけだが、一応アルバイトでもしながら、、、と保育士資格を生かして、地元長野から適当な保育…

浅草のシュラスコ シュハスカリア キボン! ~東京観光②~

昼に大勝軒行くんじゃなかった。 誤解しないで欲しい。 大勝軒が不味いとか悪いとかではない。 大好きだ! しかし、量の多さで有名な同店のつけ麺が消化されないうちに、シュラスコの食べ放題へ来てしまったのだ。 // 浅草のシュラスコの美味しい店 シュラス…

アウディA3とBMW S1000RRで高速ツーリング。~東京観光①~

ドイツ車2台ツーリング。 遡る事、数カ月前。 売却したS1000RRをまた購入したのだが、どうもクラッチ操作時に違和感がある。販売店が部品交換してくれるというので向かおうと思うが、コロナウイルスの状態を見て、いつ行こうか決めかねていたのである。 部…

草津温泉にある”きんだいペンション”に行って来た。【後編】

温泉三昧どころか温泉四昧な週末。 初めて泊まりでやってきた草津温泉。 日帰りでは多分30回以上は来ていると思うけれど、宿泊は初めて。夜には帰るために体力を温存しなくてはいけない日帰りと違って、泊まりの場合は気持ちが楽である。 2日目の朝は朝食を…

草津温泉にある”きんだいペンション”に行って来た。【中編】

深夜に旅行に行きたくなり、草津温泉に来たのだ! 当日予約できる場所を検索して選んだ草津温泉の”きんだいペンション”。 ペンションって何? とそんな状態でやってきたわけだが、要は洋風な民宿みたいな感じである。 さて夕食は18時指定の創作料理。 行って…

草津温泉にある”きんだいペンション”に行って来た。【前編】

思い立ったら行動。 夜中の2時過ぎに”どこかに旅行に行きたい”と家で話していたところ。 試しに今日泊まれる温泉宿で検索してみたところ、草津温泉で検索したら10件ほど出てきた。どこが楽しそうか選んで深夜にネット予約。 翌日、早速向かったのである。 //…

道の駅ぐりーんふらわー牧場大胡へ。

ツーリングの立ち寄りにもオススメ。 グンマー県は風が強い日が多く、頻繁に砂嵐が巻き起こる. しかし、田舎であるが故に趣味車でのツーリングにはモッテコイの道が多くある。 この道の駅もまたツーリングやデート、家族のお出かけにもオススメだ。 // バイ…

ヴァシュロンコンスタンタン銀座ブティック行って来た。(2回目)

迷っているときが幸せ、、、なのだろうか? 以前、知人で浮気が妻にばれて猛烈な勢いで攻められている旦那さんがいた。 しかし、決定的な証拠があっても旦那さんは認めようとしなかった。 曰く、『俺は両方を本気で愛している。だから浮気ではない』と。 そ…

ヴァシュロン・コンスタンタン銀座ブティック行ってきた。

少年もおっさんも大志を抱く。 遡ること4年前。 時計なんて全く1mmも興味がなかったが、銀座のとらやで菓子を買って帰る際『キレイな時計だな、、、。』と数軒隣の時計ブティックのショーケースを無意識に眺めていた。ブティックから出てきたスタッフさんに…

コンラッド東京 セリーズでの朝食ビュッフェ。

普段朝食を食べる習慣はないのだが、美味しい物が出るのなら食べる。 さて昨日コンラッド東京に宿泊し、今朝はお楽しみの朝食ビュッフェ。 宿泊者以外も利用可能だそうで、昨晩職場の飲み会でベロベロになったジャムおじさん(弟)も合流。 早起きして8時頃…

コンラッド東京 宿泊記。

東京の5つ星ホテルであるコンラッド東京に泊まってきた。 数年前にお客様に宿泊させてもらい、それ以来今度は自分のお金で来たいと、常々思っていたコンラッド東京。ホテルなど大半は寝て過ごすのに、数万~何10万円も出すなんて勿体ない!という30年近く持…

11月中旬に差し掛かった榛名山の紅葉。

寒暖の差が大きいほど色づきがいいと聞いた気がする。 さて、以前にも書いたことがあるかもしれないが、俺はイニシャルDの秋名山のモチーフになったとされる、榛名山のふもとに住んでいる。言い換えれば榛名山は裏山なわけだ。週末になると多くの趣味の自動…

軽井沢ハルニレテラス散策。

もうすぐ紅葉の時期に。 のどかな週末、たまにはどこかにお出かけを、ということで軽井沢のハルニレテラス行ってきた。まだまだ群馬県街中の日中は暑い。しかし、軽井沢をはじめ山間部は絶対に寒いので一枚上着を持って出動。 // 国道18号経由ではなく、草津…

阿寺渓谷、二本木の湯。

キレイな川を見ると飛び込みたい衝動にかられる。 昨日の諏訪湖新作花火大会の翌日は夕方まで観光することに。 前回の記事はこちら。 www.nob13.net 長野県のこの辺りは地元だが、意外と観光地なんかは地元民はいかないので新しい発見がいっぱい。灯台下暗し…

第37回全国新作花火競技大会と開田高原のアイス工房。

諏訪湖祭湖上花火大会に続き新作花火競技大会も行ってきた。 花火は良い。 何が好きかって、それは言うまでも無く音。 もちろん、きれいな火花も大好きだけれど、胸に響くドーン!という轟音が非日常感があって大好きだ。花火以外でこんなに街中に響き渡る爆…

諏訪湖祭湖上花火大会 2019。

最高に素晴らしい花火大会だった。 さて花火といえばその美しい火花もさることながら、魂まで揺さぶる音も忘れてはならない。視覚と聴覚で楽しめる花火だが、個人的な重要度割合は【視覚1:聴覚9】の割合であるため、遠くの空いている穴場スポットから打ちあ…

前橋花火大会2019。

夏の風物詩のひとつ。 俺は花火が大好きだ。 大好きなのだが、大好きな気持ちが発動する最低条件がある。 それは打ち上げ場所に近いこと。 みんなも同じだと思うが花火の一番の魅力は 音 だ。キラキラ光るとか、闇夜に大輪の花を咲かせるとかは二の次だ。 //…

沖縄旅行の番外編。

沖縄から戻ってきて羽田空港について最初にしゃべった一言はコレ。 『寒ッ!!』 まだまだ本州は梅雨真っ盛りだ。蒸し暑いというより肌寒い日が多い。 寒暖差だけではなく疲れもたっぷりあったと思うが、グンマー帝国に帰国して風邪をひいた。生まれながらの…