のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

高コスパ!お勧めコーティング剤。

f:id:Nob13:20190517122128j:image

 『、、、になった気がする』にご用心。

 

基本的にクルマは内外共に綺麗にしておきたいタイプ。

360モデナのときは乗ることもさることながら、磨くことも楽しくピカピカに洗車&コーティングした何日かあと、一度も乗ってないのにまた磨いていることもあった。

 

思い返してみると、Back to the futureのビフもワックスを二度掛けしている。(させられている)

 

しかし、俺は世の中に溢れる『高額コーティング』に懐疑的である。

 

大して綺麗になっていないのに値段が5万円とか10万円とか高すぎる。新車購入時の人気ドル箱アイテム、ナビやETC、バックカメラにつぐ第四の刺客と思っている。

 

 

知人がAudi購入後、納車時にディーラーコーティングを施工してもらい10万円近い金額を払っていた。10万円のコーティングとはどれほどのものかと、気になって納車日に見せてもらった。

 

が。

 

ドアのヒンジやフロントバンパーの隅、リアバンパーの隅が砂だらけ&掃除した痕跡すらない。

洗車しないで汚れたボディにコーティングしたのだろうか。

当然仕上がりもそれ相応で、『さっき納車前にフクピカで拭いただけじゃないの?』くらいの仕上がりだった。

 

そんなレベルだった。

結局他人のクルマだしお店も流れ作業。

こういうショップが多いから、そうでないコーティングのプロショップもさぞかし迷惑を受けていることと思う。だが、こんなショップが案外多い気がする。

f:id:Nob13:20190516001443j:image

 これが自分の車であればどうだろうか?

大切な愛車であればあるほど、隅々まで覗き込んでピカピカにしたいのが車好きではないだろうか?

 

都内在住でそれができない方は仕方ない。

しかし、幸運にも自分で磨ける環境の人におすすめのコーティング剤がこちら。

 

SOFT99(ソフト99) コーティング剤 フッ素コート鏡艶 ミラーシャイン』

 

自分自身、過去に所有したバイク、クルマも全てこれで仕上げている。ふき取り不要で塗りやすい。重ねて塗れば艶も増す。そして何より安い。

 

 

 

ボディーカラーが赤や黒のダークカラー用と白系のライトカラー用がある。ご自身の所有される乗り物のカラーに合わせて購入されたし。

 

ちなみに本ブログで登場する現在、過去所有の愛車は全てこれ一本で施工。

 

このブログ写真のAudi A3は最近では今年の1月にミラーシャインを使ってコーティング施工。(施工時間30分)そのあと、ガソリンスタンドのシャンプー洗車に突っ込んでスタンドのタオルをお借りし、2分でふきあげただけである。
f:id:Nob13:20190516001503j:image

ジャバッと洗ってササっと拭くだけで十分綺麗になってる。
f:id:Nob13:20190516001507j:image

お空の景色や周りの建物の姿も綺麗に写ってる。
f:id:Nob13:20190516001501j:image

何万円ものお金を出すのであればよくなった『気がする』ではなく、明らかに見違えて欲しいもの。

全国あちこちにコーティング腕自慢のプロショップがあるが、そこまでの仕上がりでなくても自分で磨きたい人もいるはず。

そんな人にはぜひぜひ試してもらいたい一品であります。
f:id:Nob13:20190516001457j:image